メニュー

ご挨拶

 今はIT化の時代、SNSやメールなど、通信・情報伝達手段は大変便利な時代になりました。昔は手書きのハガキや封書が主流で、それらはまずポストに投函され近隣や世界各地へと配られました。そのためポストは人々の日常ごく近くにあり、たいへん馴染み深いものでした。交流の窓口でもあったそんなポストをシンボルに、緑に囲まれた当院の玄関先には赤いポストが立ててあります。

 建物の床だけではなく、患者さんとの対応もバリアフリーであるよう、わかりやすく丁寧な言葉をと心がけています。

医療法人 ぽすと会 クリニックいのうえ
院長 井上 勝六

お知らせ

9月の診療予定変更について [2020.09.07更新]

9月28日午前の診療担当医は太田(壮)から院長に変更となります。ご了承ください。

インフルエンザワクチン接種の予約導入について [2020.08.31更新]

今年は新型コロナウイルス感染症の影響でインフルエンザワクチンの接種を希望される方が増えると予想されています。しかし、供給量が大幅に増えることはないようです。当院では昨年度と同じ程度のワクチン数を確保可能と考えておりますが、希望者の数によっては全員にワクチン接種が出来ない可能性があります。

 当院では例年ワクチンの予約などはせずに、希望者が早いもの順で接種していくという形式でしたが、国からは医療従事者や65歳以上の方を優先的に接種するように指針が示されております。

当院に定期受診されている方や定期受診はしていないが当院でインフルエンザワクチンを例年受けられている65歳以上の方の元へできる限りワクチンが行き届くようにしたいと考えております。そのため今年からは、インフルエンザワクチンの予約制を導入しますので、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

★ワクチンの予約や接種のルール

①  予約可能な方

・当院で定期診察や定期検査を受けられている方(年齢・疾患名は問いません。受診間隔は最低でも1年に一度あれば構いませんが、風邪などで毎年受診しているなどは除外されます。)

・2018年10月以降に当院でインフルエンザワクチンを接種したことがある方で、2019年10月以降に一度でも当院受診歴のある65歳以上の方。

②  優先予約期間と一般予約期間

・9月1日(火)から9月30日(水)までは定期受診されている方で10月以降の外来予約をされている方のみの予約期間です。この期間の予約は外来及びインフルエンザワクチン共に直接来院された方に限定致します。)

・上記以外の方は10月2日から10月31日を予約期間とします。電話での予約も可としますが、ワクチンの予約は午後5時から6時までの間と致します。他の時間に電話されてもワクチンの予約は出来ませんが、外来予約をされる方は昼の12時から12時半の間にインフルエンザワクチンの予約も同時にお受け致します。

③  予約された方への接種期間

・予約された方は特別な理由がない限り原則2020年10月2日(木)から12月29日(火)までにワクチン接種をお願い致します。連絡もなくこの期間内に接種されなかった方のワクチンは予約をキャンセルとしたものと判断し、予約外のワクチン分に変更させて頂きます。

④  予約のない方への接種

・インフルエンザワクチンの予約がない方へは11月1日(日)よりワクチンの接種を開始致します。予約外のワクチンはワクチン希望者の来た順に接種していき、接種できる分が無くなり次第終了とさせて頂きますのでご了承下さい。

 

お盆のお休みについて [2020.07.18更新]

当院のお盆のお休みは8月12日(水)午後から8月16日(日)になります。この前後の日は混雑することが予想されますので、ご了承ください。

電話再診の終了について [2020.07.18更新]

新型コロナ感染症対策として電話再診を当院でも採用していましたが、現在は通常通りに来院し診察を受けられる方が大多数で、電話再診を希望される方がいないため電話での再診は終了致します。それに代わり、3密を避けるために8月1日より外来の再診予約制を開始致します。詳細は下記の再診予約制度の導入についてをご参照下さい。

外来の再診予約制度の導入について(9/7改定) [2020.07.04更新]

新型コロナ感染症への予防策として3密を避けるために外来の再診予約制を導入致します。

  • 予約は再診の方のみで、新患の方は予約出来ません。
  • 予約制度は8月1日(土曜日)より開始致します。それ以前に予約を希望されても出来ませんのでご了承下さい。
  • 8月及び9月中は当院受診時のみに次回の予約が可能です。10月2日以降は電話での予約も受け付けます。予約は昼12時から12時半までにお願い致します。
  • 10月2日以降は再来新患の方(1年ぶりに内視鏡を予約しに受診したい患者さんなど)も電話で予約可能です。予約は昼12時から12時半までにお願い致します。
  • 予約は午前のみで、午後は予約制ではありません。8時半が最初の枠で、11時半が最後の枠で、計7枠あります。
  • 1枠30分で、1枠の予約人数は4人です。予約時間に診察に呼ばれるわけではありません。予約した時間から30分以内に問診及び診療が開始されますが、診療状況により遅れることがありますのでご了承下さい。ただし、緊急性の高い急患の方以外は、予約をされている方が優先的に診察を受けられます。
  • 予約は最大8週間後まで可能です。ただし早い時間帯は希望が多いと予想されるため、8時半、9時、9時半の枠は5週間後までの予約となります。
  • 予約の変更は前日まで可能です。電話で変更可能ですが、予約変更の受付時間は原則お昼の12時から12時半までとします。ご希望の日時が予約できない際はご了承下さい。予約がなくても診察は可能です。

 

7月の診療予定変更について [2020.07.04更新]

7月27日(月)午前の診療担当医は太田(壮)から院長に変更になります。

当院の新型コロナ感染症対策における追加措置について [2020.04.26更新]

4月25日(土)午前中に当院を受診された患者様の中に新型コロナウイルス感染症と診断された方がいました。該当する患者様は院外で車中待機しており、診察も院内ではなく車中のままで行いました。保健所から聞き取り調査が行われましたが、当院職員も同日受診されている他の患者様にも一切濃厚接触者はいないと判断されました。

当院では日頃より新型コロナ感染症対策に万全を記すように努めておりますが、更に院内感染のリスクを減らすために受付の窓口に透明ビニールシートの間仕切りを設置し、問診時もアクリル板を使用した飛沫感染防止策を随時行っていく予定です。

また院外へ感染が広がらないように当院職員の服装も現状のトレードマークである私服にエプロン姿から医療者用ユニフォームへ変更する予定です。

更に院内での待ち時間を減らすために常に医師が2〜3名体制で診察をする予定です。(診察日や診察時間帯によっては医師が1名体制のことがございます。)

※本文章は許可なく転載禁止とします。

電話再診及び初診患者さんのオンライン診療について [2020.04.23更新]

1.新型コロナウイルスへの対策として、当院に定期通院されている方は電話で診療した上で処方箋を発行することが可能になります。詳細は診療時間内に電話でお問い合わせ下さい。

2.当院では〝初診患者へのオンライン診療〟(新型コロナ感染症対策として実施される一時的に許可された直接来院しなくてすむ診療方法となります)を実施致しません。当院では可能な限りの感染予防対策(お知らせの当院を受診される全ての患者様へをご覧下さい)を実施し、皆様に安心して直接来院して頂けるように努めておりますので、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

当院を受診されるすべての患者様へ(追記) [2020.04.11更新]

当院では新型コロナ感染対策として下記に記載されてあるように来院者の検温や発熱・風邪症状のある方・2週間以内の海外渡航歴のある方やその同居者に対して院内外での診察を実施しております。

今後はソーシャルディスタンスを保つために、待合室が混んでいる時間帯には、発熱や風邪症状などのない患者様にも車での待機をお願い致します。受付後に車で待機をして頂き、順番になったら携帯電話で連絡し院内に入って頂くことになります。発熱や風邪症状がなく車で待機できない患者様は今まで通りに院内待合室で診察をお待ちいただけます。また院内に入らずに診察を受けたい方は受付にお申し出下さい。ご協力宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの検査について [2020.03.05更新]

令和2年3月6日より新型コロナウイルスのPCR検査が保険適応になりました。実施出来る医療機関は限定されており、当院は該当致しません。新型コロナウイルスの検査を希望される患者様は当院ではお受け出来ませんのでご了承下さい。

診療時間

診療時間
8:30〜12:00
14:30〜18:00

休診日 水曜午後、木曜日、日曜日午後、祝日

 

診療内容

 当院は胃腸科や小外科、高血圧・糖尿病・肥満などの生活習慣病、また更年期障害や自律神経失調症、メンタルヘルスケア(心の健康)など、日常のありふれた疾患に対して西洋医学や東洋医学の長所を利用して対応しています。もちろん、検査や薬・注射は必要ですが、それ以上に大切なのは私達スタッフ一同の言葉や手当てではと考え、病気の治療や予防、対応などができればと思っています。
 また、内視鏡検査では、内視鏡専門医による胃カメラ・大腸カメラを予約制で行っています。胃カメラは鼻から挿入する方法、大腸カメラは鎮静剤を使う方法で、いずれも通常の内視鏡検査に比べ苦痛が少ない方法を用いています。

詳細は「内視鏡検査」のページをご覧ください。

交通案内

〒400-0304
山梨県南アルプス市吉田1260-8

大きい地図はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME